ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワタシのBH受験まで 〜練習のヒトコマ〜

今年の1月、ワタシは「BH(ベーハー)」という試験を受けました。
犬を飼育している人にもあまり知られていない試験ではないでしょうか?(ワタシだけ!?)

IMG_6819.jpg
これは「規定書」(安心してください、内容は日本語です)

『BH(同伴犬試験)とは。
1995年に使役犬訓練試験の第一段階の義務としてドイツでBHが誕生しました。当時のBHはIPO試験のように、脚側行進中に銃声テストがあり、一般家庭犬の受験は少なかったのですが、1998年に銃声テストが廃止となり、BHは一般家庭犬のしつけ訓練として、急速にヨーロッパ各国に普及、多くの国で義務化されました。
2011年までは、ヨーロッパの主要国以外では任意の訓練試験でしたが、2012年1月1日から、IPOや救助犬試験を受験したり、 アジリティ、オビディエンス競技に出場するには、WUSV, FCIの訓練試験規定として、BHに合格することが義務となりました。 私たちはSVの訓練試験と聞くと「ドイツ・シェパードがIPOを受験する」というふうに想像しますが、試験に参加する犬達は、ドイツ・シェパードよりも、他犬種やミックス犬のほうが多く、なおかつ参加犬の6割以上がBHの受験なのです。
普段のクラブハウスでの訓練試験では、SV訓練審査員はドイツ・シェパードのIPO試験よりも、他犬種やミックス犬のBH試験を数多く審査しているんです。』
〜SVJ 「BHとは」より抜粋〜


ワタシとハンナは今も訓練士さんの元でレッスンを受けています。
もう6歳、なのに「しつけ訓練」と思われるかもしれません。

でも、ワタシがうまくハンナをコントロールできない事はハンナの世界を狭いものにしている、といつも思っています。
ハンナは家族に対してはとても従順ですが、警戒心が強く他人にはあまり慣れやすい性格ではありません。
そして他の犬へ対する興奮には手を焼いています。自戒を込めて言わせてもらいますが他のわんちゃんを噛んでしまった事もあるのです。なのでワタシはハンナに他の犬と仲良くなれとは思わず「おとなしくすれ違えるようになろう」と本当に低い低〜い目標を掲げてそれを目指しています(え!?現在進行形か!?)
なので今も訓練士さんの元でレッスンを受けているのです。レッスンは楽しいので”しつけ”のそれだけではないのですけれども。

そして『昨年の競技会』はBH受験をする為の練習のひとつでもありました。
そこで訓練士さんからBH受験のOKも頂き、めでたく受験する事になりました。

BH試験の科目はAセクション”服従”(5課題)とBセクション”行動テスト”(6課題)があります。
Aセクションの”服従”といわれると何やら仰々しい感じがしなくもないですが、中身は
「犬と一緒にあるく”脚側行進(リード付き、リードなし)”と”行進中立ち止まって犬が座る”と”行進中に立ち止まってフセ”、そして”呼び寄せる(称呼)”と”休止”」
という内容です。そしてAセクションを合格してからBセクションに進めるシステムです。

犬オタクの女子たちがいつも練習に付き合ってくれました。

IMG_7343.jpg
”脚側歩行”(のつもり)
この時は河原で練習していて、通行する人たちも大型犬が数頭もいるのでギャラリーしています。

脚側行進は本当に難しいですね。犬がハンドラー(飼い主)に集中して歩くという事は本当に難しいと思うし、これが美しくできる犬とハンドラーは見ているだけで惚れ惚れしてしまいます。

IMG_7342.jpg
”休止”
そうそう、Aセクションは2頭のペアで試験します。そして相手の犬とハンドラーが誰なのかは当日までわかりません。
その”休止”とは1頭が5つの課題をこなしている間、愛犬のリードを外してフセをさせ、そこからハンドラーが30歩ほど離れて愛犬に背中を向けて立ちます。
でもこの画像のハンナとワタシは練習なので30歩も離れていませんがオフリードなんですよ、と言ってもリードは首輪に付けっぱなしです。
でもこれがどれほどの緊張感なのか、というのは犬を飼育している人には分かっていただけると思います。
自身の犬を何も繋がずにフセさせて待たせる事がどれだけの事なのか、、、ワタシの心中を察してください〜

そして意外にもハンドラーである飼い主が離れても犬はしっかり言いつけられた「フセ」をして待ったりできるんですよね〜(苦笑)
IMG_7345.jpg
「まってるのあきる〜」

でも、やはり前科モノのハンナのリードを放すのはとても神経をすり減らします(滝汗)。

IMG_7344.jpg
”休止(フセ)”をさせてる間、近くを他の犬に歩いてもらう

そして、やはり”犬”、”人間ではない”んですよ。
何かに気を取られて走って行ってしまったら、、追いつく事なんて出気ないし、そうなったら”呼び戻せ”るでしょうか?
でも、ワタシはこれらの不安要素をなくしていくために日々練習しています。
ワタシの精度なんてかなりガタ付きがあるでしょうが、精度を上げていくしかないのです。
”犬”は人間のように言葉で説明して納得してもらう相手ではない動物、そういった人間ではない相手と信頼関係を築く事の難しさ、それが出来た時の嬉しさ、、、毎日の積み重ねでしか培う事はできないと思います。

そしてここまでたどり着くまで指導してくださった訓練士さん、そしてそして何よりもワタシに叱咤激励してくれる犬オタ女子たちに心から感謝します。ありがとう、これからもよろしく。

こういった事の積み重ねを経てワタシとハンナはBH受験に臨む事になったのでした。

※声を大にして言わせていただきますが、呼び戻しができない犬にこういう事は絶対にしないでくださいね。「うちのこはフレンドリーだから大丈夫」という方もやめてください。相手の犬がフレンドリーとは限りませんし、その相手の犬に嫌なイメージを植え付ける事もありますからね。専門家の指導を受け、ドッグランの中やロングリードをつけ、万が一にも対応できるように努めてください。愛犬を守れるのは飼い主だけですからね。
スポンサーサイト

| 競技会・訓練 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頚椎(神経根)ヘルニア 〜診断されてからのあれこれ 知育玩具 〜

なかなか外で運動もできず、少しずつ散歩を再開するかどうか、という頃に友人が「犬の知育玩具」を貸してくれた。

IMG_8502.jpg
フードを入れて探すおもちゃ

犬が「嗅覚」を使うことはとてもいい刺激になります。
そしてたっぷり嗅覚を使った後はとても疲れるので、体を動かさなくてもいい刺激と疲労感を与えようという訳です。
上の画像のおもちゃは茶色い部分の下にフード(おやつ)を入れておき、茶色の部分を鼻などを使ってスライドさせるとフード(おやつ)が食べられる、という仕組み。
ハンナは「手」を使う事が多く、ちょっと難しかったけれど、スライドさせてフードが食べられる、という事をすぐに理解して夢中になっていました。

IMG_8512.jpg
起き上がりこぼしのようなおもちゃ

こちらのおもちゃは雪だるまのような形の頭の方へフードを入れ、転がるうちに下の丸い部分の半分にフードが落ちていき、穴からポロポロと落ちる仕組みです。
このおもちゃを転がすとポロポロフードが落ちてくるので一生懸命動かしました。
ゴムのおもちゃ「コング」と似たような感じです。

IMG_8511.jpg
動画だと一目瞭然なのですが(苦笑)、ハンナなりに激しく遊んでいました(笑)

ケガなどに関わらず、外へ散歩にいけない雨天時などは室内での遊びを工夫するといいと思います。

おもちゃはプラスチック製で洗いやすく楽しかったのですが、破壊しそうだったので早々にお返ししました。。。

| ハンナヘルニア | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頚椎(神経根)ヘルニア 〜診断されてからのあれこれ サプリメント 〜

ハンナのお里から届いた!

IMG_8411.jpg
関節のサプリメント!

実はハンナがビッコして、レントゲンしたりして不安だった頃、ハンナのお里にメッセージしてたんですよ。

聞かされる方もたまったもんじゃないと思いましたが(今思えば…)、当時のワタシは不安で仕方なくて、お里に報告していました。そしてろくろく経過報告もしてなかったのにすぐにサプリメントを送ってくださって、ありがたい。

IMG_8412.jpg
さすが「犬用」そのまんまでバリバリ食べてくれます!

すごく心配かけてしまって申し訳なかったです(反省)。

今はかなりよくなってきました♪

もうしばらく大事にします〜

IMG_8580.jpg
Cooさん、まっててね〜

| ハンナヘルニア | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多頭飼育で思うこと

我が家には4年前まで猫と犬が2頭、そして人間の夫と息子ふたり。

にゃーくんが2012年の夏に亡くなって、2015年の春にマックが亡くなった。
そして今はハンナがいる。

IMG_3035.jpg
ずいぶん前のマック、寒い日の夜のさんぽ

彼らが元気だった時はそれは楽しい日々だった。

そして、にゃーくんは具合が悪くなって割とあっけなく旅立ってしまったけれど、マックの時の介護は少し大変だった。
でも、それは仕方のないこと。
老いればさまざまな変化があって、それをサポートしていくのが飼育者の務めだろう。

IMG_3149.jpg
マックの耳は極上の触り心地

でも、そういった大変さやしんどさを救ってくれたのは紛れもない”ハンナ”だ。

ハンナの底抜けの元気良さはそれはそれで大変だけど、ワタシにはそれが「犬らしさ」で、日に日に動けなくなっていくマックの姿を悲しい気持ちで見る私の気持ちを明るくしてくれた。

連日、排泄物で汚れたマックの体を抱き、風呂場で洗い、ドライヤーで乾かす。
汚れたサークル内もきれいにしなければならない。
オムツを履かせて、ペースト状のフードを口に持っていく。
すこし動けた時はしょっちゅうサークル毎移動しちゃうので何度もそれを元に戻さなくちゃいけなかった。
夜中に何度も哀しげに”夜鳴き”すればそばにいってなだめた。
今思えばそんな時間はあっという間で、大変だったけどマックと一緒の16年間を思えばその時でさえ愛おしいと思った。

でも元々犬のはつらつとした姿が好きなワタシには本当に悲しかった。
マックが走れなくなって、歩けなくなって、立てなくなって、、という姿は仕方のないことだったけど悲しい思いと同時にマックもかわいそうだなと思ってばかりだった。

そんな塞いだ気持ちはハンナの散歩や運動で解消した。
肉体的には疲れるけれど、一瞬でも元気な犬姿をみて遊ぶのは何よりの気分転換で救われた。
マックが旅立った時も、その直後もハンナの世話に待ったはないのでどんなに辛くて悲しくてもハンナの世話はしなくてはいけない。
人間の家族だと、うっかり悲しいことを口走ってしまうけど、ハンナはそんな事はない。
確かに同じ”犬”のハンナの姿にマックの事を重ねてしまう事もあったけど、それ以上はなかった。

IMG_3161.jpg
一緒にいてくれてありがとう

だから”多頭飼育”を勧めるという話ではない。

ハンナを安静にしなくちゃいけない事になって初めてわかったけれど、犬に救われていた事って意外に大きい事だったんだなぁ、と今身にしみている、という事。
多分、これって動物と暮らしていないと体験できないことなんだろうな。

| 未分類 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頚椎(神経根)ヘルニア 〜診断されてからのあれこれ ペット保険 〜

ペットを飼育している人で《ペット保険》に加入している人はいったいどれくらいいるのだろう。

ワタシもにゃーくん、マック、そしてハンナと暮らしてきてペット保険の加入をしたのはハンナが初めてだ。

そもそもペット保険に加入しようと思ったきっかけは3つある。
まず一つ目は
「にゃーくんの糖尿病」
が一番大きい。

にゃーくんは1歳くらいの頃から尿結石があって、それからずっと療法食、そして11歳を過ぎた頃だったと思うけど、その頃に糖尿病になってものすごく治療にお金と時間がかかった。
なんとか支払ってはいたけれど、かかった時はひと月で4万円前後は治療費になっていたと思う。平均しても最低2万円前後はインスリン代や注射器、検診代とかかっていたように思う。

IMG_0210.jpg
我が家で体は一番小さかったけど、態度は一番大きかった白猫にゃーくん

かといって、糖尿病に限らず動物の病気に待ったはないし、素人の飼い主ができる事なんてたかが知れている。とにかく通院して支払いをするしかない。
そして当時、やっとペット保険が出始めてその存在がチラホラ見えてきた頃だと思う。今では大手と言われるアニコムなんかが先駆けだったと思う。

そんなチラシを横目でみながらクレジットカードで支払いをして、月末の請求書を見て目が丸くなる、という感じ(苦笑)。

本当ににゃーくんの通院は心身共に大変だったなぁ。

その点マックは健康優良児で病院にお世話になる事はほとんどなかったなぁ。

IMG_3283.jpg
お化粧したオレ

そして加入するきっかけの2つの目の理由は友達の大型犬の病気が決定的だったと思う。
検査と手術で数十万円はかかったようだった。
すぐにその友達は術後にペット保険に加入していた。すでに治療した病気は免責となっていたけれどそれ以外はカバーできることになった。

その事もあってワタシもハンナは加入した方が、いやしないと大変な事になるかも?と薄々思っていた。

そして加入を決めた3つ目の理由、その決定的な出来事は
「ハンナの尿漏れ」
だ。

結局、数ヶ月の治療で副作用が酷くなって尿漏れそのものの治療はやめたけど、やはり”大型犬”はお金がかかるんだな〜、と痛感した。

ハンナの保険には今から4年くらい前に加入したのかな。
当時は割と多くのペット保険会社があって、それらの比較サイトなんかもあったから数社に絞って結局今使ってる「アクサペット保険」に決めた。
事前に「尿漏れ」について免責になるか確認したらそれも保険適用になると言われたのも決め手の一つだった。

加入当時はネットで加入手続きをして(ネット割引)、クレジットカードの年払いでひと月分の割引、マイクロチップ装着割引で見積もりよりも実際は安くなって加入したと思う。
当時で年間で3万円とちょっと。年々支払額は上がるけど(今現在で4万円弱)、万が一の事を思えばワタシには適当な金額だと思った。
実際に去年の肝機能の治療を始めるまでまるまる2年は保険を使う事はなかった。
そんな時に(あ〜あ、加入しなくてもいいんじゃないか?)なんて思わなかった訳ではないけど、一年なんてあっという間に過ぎてクレジットカードで自動更新になって、、と今に至る感じ。

アニコムと比較すると保険請求の手間があるけど、請求して1週間もしないうちに振り込まれるし、慣れれば(慣れたくないけど:汗)請求もひと月まとめてできるのでそんなに手間でもない、当時比較した保険の中で補償内容の割に安価な掛け金だった。

そして、何よりも先日のハンナの精密検査代金が保険でカバーできたのはありがたかったし(検査代金は12万円ほどかかって、その前にかかりつけ医でレントゲン検査の代金もあった)そして今は、毎週検診に通っているので本当にありがたい。
ひとつ言わせて貰えば「療法食」も保険適用になってくれたらよかったのにな〜、、(ハンナの療法食はほんと高いっす、、まだ言う:笑)

いざという時の為に蓄えがある人には無用な「保険」だと思うけど、もし加入を迷っていたりするのであれば一度資料などを取り寄せて比較するくらいはしておいた方がいいと思う。動物の治療費は本当にお金がかかる。

ペット保険の加入を勧める訳ではないけど、どんな時に怪我や病気になるかなんて予測できないし、保険の待機期間もあったはずだから、余裕があって健康な時に加入しておくといいと思う。



| ハンナヘルニア | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。