ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワタシのBH受験まで 〜練習のヒトコマ〜

今年の1月、ワタシは「BH(ベーハー)」という試験を受けました。
犬を飼育している人にもあまり知られていない試験ではないでしょうか?(ワタシだけ!?)

IMG_6819.jpg
これは「規定書」(安心してください、内容は日本語です)

『BH(同伴犬試験)とは。
1995年に使役犬訓練試験の第一段階の義務としてドイツでBHが誕生しました。当時のBHはIPO試験のように、脚側行進中に銃声テストがあり、一般家庭犬の受験は少なかったのですが、1998年に銃声テストが廃止となり、BHは一般家庭犬のしつけ訓練として、急速にヨーロッパ各国に普及、多くの国で義務化されました。
2011年までは、ヨーロッパの主要国以外では任意の訓練試験でしたが、2012年1月1日から、IPOや救助犬試験を受験したり、 アジリティ、オビディエンス競技に出場するには、WUSV, FCIの訓練試験規定として、BHに合格することが義務となりました。 私たちはSVの訓練試験と聞くと「ドイツ・シェパードがIPOを受験する」というふうに想像しますが、試験に参加する犬達は、ドイツ・シェパードよりも、他犬種やミックス犬のほうが多く、なおかつ参加犬の6割以上がBHの受験なのです。
普段のクラブハウスでの訓練試験では、SV訓練審査員はドイツ・シェパードのIPO試験よりも、他犬種やミックス犬のBH試験を数多く審査しているんです。』
〜SVJ 「BHとは」より抜粋〜


ワタシとハンナは今も訓練士さんの元でレッスンを受けています。
もう6歳、なのに「しつけ訓練」と思われるかもしれません。

でも、ワタシがうまくハンナをコントロールできない事はハンナの世界を狭いものにしている、といつも思っています。
ハンナは家族に対してはとても従順ですが、警戒心が強く他人にはあまり慣れやすい性格ではありません。
そして他の犬へ対する興奮には手を焼いています。自戒を込めて言わせてもらいますが他のわんちゃんを噛んでしまった事もあるのです。なのでワタシはハンナに他の犬と仲良くなれとは思わず「おとなしくすれ違えるようになろう」と本当に低い低〜い目標を掲げてそれを目指しています(え!?現在進行形か!?)
なので今も訓練士さんの元でレッスンを受けているのです。レッスンは楽しいので”しつけ”のそれだけではないのですけれども。

そして『昨年の競技会』はBH受験をする為の練習のひとつでもありました。
そこで訓練士さんからBH受験のOKも頂き、めでたく受験する事になりました。

BH試験の科目はAセクション”服従”(5課題)とBセクション”行動テスト”(6課題)があります。
Aセクションの”服従”といわれると何やら仰々しい感じがしなくもないですが、中身は
「犬と一緒にあるく”脚側行進(リード付き、リードなし)”と”行進中立ち止まって犬が座る”と”行進中に立ち止まってフセ”、そして”呼び寄せる(称呼)”と”休止”」
という内容です。そしてAセクションを合格してからBセクションに進めるシステムです。

犬オタクの女子たちがいつも練習に付き合ってくれました。

IMG_7343.jpg
”脚側歩行”(のつもり)
この時は河原で練習していて、通行する人たちも大型犬が数頭もいるのでギャラリーしています。

脚側行進は本当に難しいですね。犬がハンドラー(飼い主)に集中して歩くという事は本当に難しいと思うし、これが美しくできる犬とハンドラーは見ているだけで惚れ惚れしてしまいます。

IMG_7342.jpg
”休止”
そうそう、Aセクションは2頭のペアで試験します。そして相手の犬とハンドラーが誰なのかは当日までわかりません。
その”休止”とは1頭が5つの課題をこなしている間、愛犬のリードを外してフセをさせ、そこからハンドラーが30歩ほど離れて愛犬に背中を向けて立ちます。
でもこの画像のハンナとワタシは練習なので30歩も離れていませんがオフリードなんですよ、と言ってもリードは首輪に付けっぱなしです。
でもこれがどれほどの緊張感なのか、というのは犬を飼育している人には分かっていただけると思います。
自身の犬を何も繋がずにフセさせて待たせる事がどれだけの事なのか、、、ワタシの心中を察してください〜

そして意外にもハンドラーである飼い主が離れても犬はしっかり言いつけられた「フセ」をして待ったりできるんですよね〜(苦笑)
IMG_7345.jpg
「まってるのあきる〜」

でも、やはり前科モノのハンナのリードを放すのはとても神経をすり減らします(滝汗)。

IMG_7344.jpg
”休止(フセ)”をさせてる間、近くを他の犬に歩いてもらう

そして、やはり”犬”、”人間ではない”んですよ。
何かに気を取られて走って行ってしまったら、、追いつく事なんて出気ないし、そうなったら”呼び戻せ”るでしょうか?
でも、ワタシはこれらの不安要素をなくしていくために日々練習しています。
ワタシの精度なんてかなりガタ付きがあるでしょうが、精度を上げていくしかないのです。
”犬”は人間のように言葉で説明して納得してもらう相手ではない動物、そういった人間ではない相手と信頼関係を築く事の難しさ、それが出来た時の嬉しさ、、、毎日の積み重ねでしか培う事はできないと思います。

そしてここまでたどり着くまで指導してくださった訓練士さん、そしてそして何よりもワタシに叱咤激励してくれる犬オタ女子たちに心から感謝します。ありがとう、これからもよろしく。

こういった事の積み重ねを経てワタシとハンナはBH受験に臨む事になったのでした。

※声を大にして言わせていただきますが、呼び戻しができない犬にこういう事は絶対にしないでくださいね。「うちのこはフレンドリーだから大丈夫」という方もやめてください。相手の犬がフレンドリーとは限りませんし、その相手の犬に嫌なイメージを植え付ける事もありますからね。専門家の指導を受け、ドッグランの中やロングリードをつけ、万が一にも対応できるように努めてください。愛犬を守れるのは飼い主だけですからね。
スポンサーサイト

| 競技会・訓練 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競技会 福島信夫ケ丘緑地公園 10/26

過去の記憶を手繰り寄せ、鋭意更新ちう〜


初めての競技会に参加しました。

内容はCD2。

簡単に説明しますと
「リンク」と言われる区切られた中で規定の科目を犬とこなす競技、でございます。

ワタシがハンナと一緒に訓練所に通うようになってあっという間に3年は経過しております。
通う前にも自宅へ来てもらうトレーニングは受けておりましたが、その訓練士さんの転居に伴い、現在のスクールに通い始めました。

12185473_837760086344947_7026713017929672037_o.jpg
これは競技会前の合同練習会

ハンナはとにかくシャイな性格でほかの犬がいる時に落ち着くことが苦手、いやできません。
日頃の散歩でほかの犬と何事もなくすれ違うようになりたい、という地面すれすれのハードルを乗り越えたいがためにレッスンに通っています。

そんな見た目とは180度違うワタシとハンナの幼稚なペアがなんとなんと競技会デビューすることになったなんて、、、ワクワクです。

12039632_838477242939898_1778868295804036818_n.jpg
自分が出陳する入り口にゼッケン番号の順番が掲示されています。本来ならばこの順番通りに競技を行います。

この日の競技はなんとなんと東北ブロックで史上最高の出陳頭数だったということで会場は沢山の犬と人でごった返していました。
ワタシが行うような「服従訓練」だけでなく「アジリティ競技」も行われているので、そりゃあもう賑やかです。

さてさて、そんな犬も人も沢山の会場で、そして囲われているとはいえ、隣で競技されているリンクとの間には何も仕切りがない場所でハンナと一緒に競技を行いました。

12190929_838475479606741_2931607990991450535_n.jpg
集中してる!?

先ほども述べたように本来は順番通りなのですが、この日はものすごい参加人数で隣の会場でアジリティにも参加している犬とハンドラーがいるせいか、なんと途中から到着したモンから随時競技!という事になりワタシも予定していた時間よりも早めにリンクに入る事に。。。

10390564_838475502940072_2475315970604956747_n.jpg
待機している車から沢山の犬と人を避けてここまで無事にたどり着いただけで感無量


そして、競技に入ったのですが。。。

すっかり舞い上がったワタシ。
あれほど仲間たちに注意されていたにもかかわらず。。。
指定の科目をすっかり間違えてしまったのです。。。
最後に審判の方にも
「途中、ヒント出したのになぁ」
と苦笑いされる始末。。。

12186387_837766343010988_4105886474368303410_o.jpg
カンペの練習もしたのに、、(でもハンドクリーム塗ったら消えた)

もう、当時の記憶も曖昧なんだけど、、、確か、、
「遠隔のスワレ→フセ」
を混乱してしまって、スワレから称呼したような。。。(恥)
その他にもよろしくないところは多々ありました。。。


結果は75.8点という点数でしたが、とても楽しく参加でき、またハンナもワタシに集中してくれた事が嬉しかった競技会でした。

さてさて、まだまだ頑張らねば(懲りない)。

| 競技会・訓練 | 17:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SVJ D1 競技会 静岡朝霧アリーナ

久しぶりの更新ですが、ワタシもハンナも相変わらずです。

そして、今年は11月28・29日に開催された『SVJ』の競技会D1へ一泊しながら観戦してきました。

この競技会の事は少し前に知ったのですが、本当に行きたかった競技会だったので片道約500キロという距離にも負けず犬友だちのCちゃんと一緒に向かったのでした。

結論から申しまして、本当に楽しく、気持ちのいい競技会でした。
今年の参加頭数はなんと92頭!
北は北海道、南は九州からたくさんの飼い主さんと犬たちが日頃のトレーニングの成果をお披露目してくれました。

IMG_6751.jpg
土曜日は天気にも恵まれ日本一の富士山の麓で気持ちのいい時間を過ごす事ができた

金曜日に公開練習、そして土曜日は人が匂いをつけた地面を嗅ぐという”追求”という科目、それから”服従(オビディエンス)”が行なわれました。

IMG_6717.jpg
これが”追求” そしてお友達のTちゃんと愛犬

ワタシ自身”追求”という科目をやった事がないのでこの競技の難しさや達成感を表現することはできないのですが、、、。
メイン会場とは別に用意された牧草地に飼い主以外の人が足跡(印跡)をつけた物を30分経ってから犬に追わせる、という内容(だったはず)です。
もちろん、犬と一緒のハンドラーもどこにその跡があるのかはわからないので、犬にドキドキしながらついていくようです。途中に”物品”と呼ばれる小さな板のようなものが置いてあり、それを見つけたら犬は伏せてハンドラーに知らせます。

この競技は他の犬がつかった場所を使えないので広大な場所が必要になり、観戦するワタシたちも見えにくくて、、、。
見えない箱の中に手を突っ込んでいるような(?)そんなドキドキ感があり、講評(審判が結果の良し悪しを発表してくれる)を聞くまでいてもたってもいられない、という感じ。

でも、人よりも嗅覚が優れている犬にとって、この競技は得意分野なのかな?空気中を漂う浮遊臭を追わないように、地面の臭いを追うように教える練習はすごく地味で根気がいるように見えるけど、犬にしてみたらなんのことはないのかもしれない、けれど視覚に頼って生きる人と一緒に作業する事は生易しい事ではないのかもしれません。

そして、追求の跡は”服従(オビディエンス)”。
ハンドラーと一緒に歩いたり、かけたり、障害を飛んだり、、と科目をこなしていきます。

IMG_6772.jpg
あの広いとこ(リンク)でやってるんだよ〜

ハンドラーを注視しながら一緒に行進したり、座ったり、伏せたり、、科目のほんのわずかな合間に褒めてもらってる犬の幸せそうな顔は見ているワタシも頬が緩みます。

IMG_6726.jpg
富士山をバックに記念撮影

そして土曜日は15時くらいには競技もほぼ終わり日曜日は早朝から服従と”防衛”という競技になりました。

IMG_6796.jpg
小さくて見えにくいけど、これが”防衛”

防衛とはズバリ、犯人役(ヘルパー)の袖に咬みついたりする、アレ。
そればかりを行うんじゃなくて、ハンドラーの指示があってから咬んだり、「ヤメ」の指示が出たらすぐにやめる。または、ヘルパーが動いたら自発的に咬む、というような内容。
犬のオンとオフの切り替えと知らない人(ヘルパー)に立ち向かう勇気が必要になってきます。
この”防衛”というものを知るまで、犬が人に向かうという事は簡単な事だと思っていたけれど、、犬にしてみれば見ず知らずの、自分よりも大きな人間に立ち向かう、ということは勇気がいることなんだなぁ、と思ったし、逆に日頃から他人に吠える犬の心理や行動も多少なりと理解できたような気がしています。

話が逸れましたが、、朝から夕方まで、みっちりと競技会の二日間は本当に楽しく、そしてたくさんの犬とハンドラーが犬と共にいるところを垣間見ることができ、勉強になった二日間でした。

ぜひ、次回のD1には参加できるといいな、と思っています。

| 競技会・訓練 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。