ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

点火のつづき

前回、アップするのがめんどくさくなったのですが、、、。

その後もアップします。

燃えるよー!
新聞紙に火をつけ、ガラスを閉めて、下の灰を受ける皿が収納されている扉をちょこっと開けておくと・・・

DSC00810.jpg
「ごぉぉぉ~っ!」
と、響かせながら一気に焚き付けの木々に燃え移ります!(次男は、“この時”が好きな様子・・・)

DSC00811.jpg
↑下の扉部分が開いているのが、分かりますか?(本来は、あんまりよくない見たいです・・・:苦笑)

DSC00812.jpg
後は、一気に燃え広がっていきます!!燃えろ~!燃えろ~!!

DSC00816.jpg
部屋の中にストック。これで一日分、あるかな。。

DSC00817.jpg
焚き付けが十分に燃え広がった頃、薪を投入していきます。(ダンパー部分を開けてから、ここの扉を開けます。そうしないと、煙が部屋に漏れてきます)

DSC00818.jpg
DSC00819.jpg
“オキビ”となった状態が、よろしいようです。。
で、この状態を保ちながら、なおかつ、薪も切らさないように時々、追加していきます。

DSC00820.jpg
“オキビ”のいい感じの所に薪を追加して、また、風も入れてやると、メラメラ燃えてくれます。


しばらくすると・・・


オーロラ燃焼
“オーロラ燃焼”でございます!!!

DSC00826.jpg
ストーブも十分暖まり、一定の条件が揃うとこの現象が起こります!!

DSC00827.jpg
気化したガス(酸素?)、よく分かりませんが、それに燃え移り

「ごぉぉぉう、ごぉぉぉぉうっ」

と、獣が遠くで吠えるような音を響かせて、この美しい現象を起こします!!

これっ!これっ!!が、すごいのっ!!

初めて見たときは、感動しました!!

いつもの見慣れた“火”とか“炎”では、ないんですっ!!(鼻息荒ッ!!)
揺らめく、、、ん~、、、上手く表現できないのですが、、、。
とにかく、イイッ!

イエローナイフ(カナダ)にオーロラを見に行きたいと夫が言って、私も見たいと思っていましたが、ここ(家)にいながら、オーロラが見れるんですから!!遠くまで行かなくても・・・(苦笑)

ほんとーに!ストーブライフ、いいです☆
結露もほとんど無くなったし、こんな火も見れるし、料理も出来るし、お湯も沸いてくれるし・・・。
手の掛かるヤツですが、それの何倍もいい仕事してくれる頼もしいヤツです。


| 薪ストーブ | 08:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。