ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シンクロ

山の中でワタシは歩み、そばを犬が駆けていく。
そんな事が好きで、毎日山へ通っている。

天気が荒れるほど、寒いほど、山で人に会う確立は下がるので、厳しい天候が嬉しかったりもする。
と、言っても人に会う確立はほとんどない場所と時間を選ぶ。


そんな時、ごくたまに、ごくごくたま~に
犬と心が通じた気持ちになることがある。

目と目があって、
「犬の心を感じる」
時がある。

それは一瞬で、あっという間だから、その瞬間にワタシの思いを乗せることはできないけれど
「一体感」
みたいな不思議な気持ちになる。

以前何かで野田知佑さんがユーコン川をガクと4ヶ月間下ったとき
「不思議なほどお互いを分かり合えたんだ」
と読んだことがあった。

(ほんまかいな:笑)
と思っていたけれど、そんな感じなのかも、って思う(苦笑)


雪に足をとられながら、ただただ無心に歩いている。
傍らを犬が駆けている。
犬がふと立ち止まり、ワタシを見つめる。
そんな時だ。
気持ちがシンクロする。
でも、いつもいつもではない。
何回に1回、何十回に1回、いやもっとかな。

P1060571.jpg


いとおしい一瞬。



| ハンナ | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。