ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「断水」という生活

生物が生きていく為に必要な物である“水”。

「水がない」
という生活を体験した事がなかったので想像もできませんでしたが、これがなかなか不便なものでした。

3月16日(水) ~地震後5日目~
地震後、あちらこちらで断水しているという事態にも関わらず、どういう訳だか断水していなかった我が団地も本当に水が出なくなった。
(同じ団地でも数軒先はすでに断水していたようだが、我が家はちょろちょろではあったが完全に出なくなったのは16日の夕方頃)


断水に備えるべくあらゆる容器(ペットボトル・ポリタンク・ポリケース)に、水を溜めておきました。

貯水
給水車の方から頂いた“バッグ”5L/個 奥にあるピンクのボックスにも水は入っています

“手を洗う”
“米を研ぐ”
“野菜を洗う”
“食器を洗う”
“入浴”
“はみがき”
“トイレ”
“犬・猫への水”

…………

生活していると沢山の水を使っていたし、蛇口を開ければ“水が出る”が当たり前だった。
確かに断水直後は、家族全員がいつものクセで水洗トイレのレバーを回したし、手を洗おうと、水を飲もうと、“出ないのを忘れて”蛇口を開けていました(苦笑)
そして、気づく
「あっ、出ないんだった…」

それほどまでに“水”は、生活に溶け込んでいるし、なくてはならない物だったのです。

また、断水となる頃はこちらは大変な冷え込みで雪が降り積もりました。
避難所生活の皆さんもとても寒い思いをしていたと思います。
そんな“雪”をバケツに集めてトイレ用の水も備蓄しました。

雪を解凍中
体積はあるけれど、水になると3分の1程度になってしまう雪

そして、室内に入れても雪はなかなか溶けないので…

ストーブで溶かす
ホーローの容器に移し替え、ストーブに乗せ、直接溶かす!

トイレを流す
トイレ前に陣取るバケツと洗面器&手桶


「断水」という不便な生活でしたが、こうなってみて水のありがたさも身に染みましたし
「簡単に水を自宅で出す・使う」
という事と引き換えに私たちは「何を得たのだろうか」とも考えました。

断水した直後、数千人が暮らすであろう我が団地内に来た給水車は1台。
それに並ぶ沢山の人。
給水車の水がなくなったら、往復1時間半ほどをかけて浄水場から補給し戻ってくる、という具合でした。
その間も寒くても並んでいる人は、そのまま待ち続けます。

断水して二日目くらいには、給水場所がもう一箇所増えましたが、並ぶ人や時間は増すばかりでした。
きっと、今までに溜めていた水もなくなり始めたからでしょう。

自衛隊の給水車
3月17日撮影 雪が舞う 給水する人も、水をもらう人も寒い

並びます
我が家から片道10分の場所での給水 2時間くらい並ぶ事になることもあった


「生活に必要な水を手に入れる」
その事に1日の何時間かを費やしたり、時には洗濯する為に片道5キロほどのコインランドリーへ行ったので“時間”と“ガソリン”も費やした。(今回の断水中に利用したコインランドリー回数は4回、そのうち2回は自転車での往復)

(でもさ、そういう“水を手に入れるのに沢山の時間を費やさなければならない生活をしている人々が、世界中には沢山いる”んだよね)しかも手に入れた水がきれいだとは限らない

今回ほど身に染みて思った事はありません。


2、3時間コインランドリーで待ち、40分くらいで洗濯完了。
ひいこら言いながら自転車で片道5キロの道のりを濡れた洗濯物を背負って帰宅。
とぼとぼ歩きながら30Lくらいの水を一輪車で運搬。
そんな時間の中で思ったこと
「津波で今も不自由な生活を強いられている人々がいる」
そして
「遠い異国の厳しい環境の中、水を求めている人たちがいる」
ワタシの断水生活は「期間限定」で「時間がかかる」以外は、便利だった。
けど、終わりが見えない断水生活をしている人たちがいる。

色々とワタシなりに深く考えさせられた10日間の断水生活でした。

そして、昨日26日17時頃。
断水が復旧しました!!!

P1070095.jpg
こんな生活ともお別れ!

P1070103.jpg
出始めの水は濁っていました(飲んではいけません!)


24日の午前中に公衆浴場へ行ったので、約二日ぶりの入浴☆
湯上りの一杯は、格別☆


P1070100.jpg
地震で割れた鉢植えから切って水挿ししているハートカズラ。もう、根が出ている!
生きる上で水は必要、そして、強く生きていくと言うこと。


たくさんのことを考えた断水生活10日間でした。


スポンサーサイト

| 東北地方太平洋沖地震 | 11:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。