ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月山

7月4日。 
1日に山開きしたばかりの“月山”に夫とハンナと登ってきました。

P1100936.jpg
めっちゃ天気もいいよ~

P1100939.jpg
駐車場から、たぶん“月山”だと思う山を臨む

さすがにレンチャン登山で少々お疲れモードでしたが、ここは山頂手前まで“リフト”で上がれるんです~♪

P1100940.jpg

駐車場から15分程度歩いて、入山料金を支払う所があって、そこから数分歩いたら、リフト乗り場。
リフト代金は人間のみ、支払いました。

リフトって、あの“ブランコ”みたいなヤツっす。
リフトに乗るか迷ったのですが、この降り注ぐ強い陽射しの中、徒歩で向かうのをあっさり諦め(?)、体重28キロの犬を抱く事にして(しかも、夫に抱いてもらう)リフトを選びました。

リフト乗り場にいたおじちゃんに
「絶対、離さないで。暴れても!」
その言葉に責任の重大さを感じつつ、乗ったのがコレ↓

P1100945.jpg
「やっほ~い」

日ごろ、夫に抱かれることなどないハンナ。
しかも“リフト”なんて、初体験☆

P1100947.jpg
「お、重い、、、」

動く事も制限され、景色なんて楽しむ余裕はない。

P1100946.jpg
15分程度の乗車

さてさて、“乗った”ら、“降りる”。
コレ、ジョーシキ。

リフトを止める事なく、何とか降りる事も無事にできました。
(後方でフタリをはらはらしながら、見つめていたワタシもほっと胸を撫で下ろしました)

それにしても“リフト”サイコー☆

P1100954.jpg
リフトを降りてすぐの場所。 後方の山々も美しい!

やっと、周囲の景色を眺める事もでき、そして、目の前に広がる残雪に感動☆

P1100955.jpg
ここから歩きま~す

P1100958.jpg
“雪”だよ~!

目の前に広がった場所で、スキーヤーやボーダーが滑っているのが見えました。
あ、コレがよく聞く“月山の夏スキー”って、やつね!

さて、ここから本番。
雪の中を登ります。

P1100960.jpg
雪はシャーベット状だし、登りだし、歩きにくいのなんの

吹き抜ける風、真っ青な空、降り注ぐ太陽の陽射し。
本当に7月なの?
と、思う体感温度。
まとわりつく、湿度もなければ、虫もいない。
ハンナもグッドコンディションの山登りに元気が衰えない。

P1100961.jpg
本日も“アシスト・ドッグ”、がんばれ~

P1100963.jpg
時々、雪をかじる

P1100966.jpg
こんな“木道”もあって、すごく整備されている

P1100967.jpg

P1100971.jpg
最近買ったストック持参の夫


しかし、
レンチャンの山登りにワタシの元気はついて来れなかった。
リフトを降りてから、1時間半程度歩いた頃、頭痛がしてきたのといつにない疲労が出てきて山頂目前で
「もう、いい」
宣言(ブハッ!)。

「あと、1時間くらいで山頂だよ~!?」
と、諦めきれない夫に
「いいよ、ひとりで行ってきて」
と、突き放し、ハンナと斜面で留守番することに。(弱え~!!)

P1100979.jpg
ここで留守番~

人が来ないような場所に陣取って、ハンナと待つこと約2時間。
待っている間、分刻みで空気が変わるし、雲も降りてきて、視界が歩くなりそしてひんやり、かと思えば、陽射しが差してきて暖かくなったり、、、。


山頂には、沢山の高山植物が咲いていたそうです。
そして、今年は例年になく“クロユリ”が沢山咲いていたみたいです。
ワタシも知らなかった“クロユリ”(どっかのビジュアルバンドみたいな名前だけど)、登っている途中、おばさんがこのユリを見たいがために一人で仙台からやって来た、と聞くまでは知らないユリでした。

ワタシは見ることができなかったので、次回は沢山の高山植物を見たいな、と思いました。

P1100981.jpg
ミズバショウの群生

下山は、リフトをやめて歩いてきました。
さすがに夫も疲れて、リフトにビビるハンナを再び抱っこして乗る元気もなくなったのです。
時間はかかるけど、マイペースに歩いて下る事にしました。

月山は、下界に比べるとひと月、いやふた月くらい季節が遅いのかも。


P1100983.jpg
下山にかかった時間は、意外に早かった


前回の『大東岳』を思うと全然、楽勝な登山でした(登頂してない、ワタシが言うセリフではありませんが)
とにもかくにも、まとわりつく湿度と虫がいないコトが気に入りました!
暑さに弱い犬と一緒に行くなら月山はおススメ☆です!そして、リフトで抱っこできるサイズ、もしくは腕力がある飼い主さんならば、尚更よいでしょう(笑)。
あっ!雪焼け対策の“日焼け止め”も必携!(ワタシは忘れて散々だったよ)
スポンサーサイト

| ちょっと、そこまで | 15:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。