ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花壇&パーゴラ作り 2007

GWは、好天に恵まれ充実した連休を送れたのではないでしょうか?
我が家は、庭の一角に「花壇」を製作する事にしました。
で、話がだんだん膨れていって、花壇の上に「パーゴラ」まで付けることになりました!!

DSC00095.jpg

↑場所はこの角辺り。(画像の上左付近、白いボールが転がっている)雨の時に撮った一枚なので、庭は水溜り・・。(実は、水はけが悪く一昨年張った芝も壊滅状態なのれす~(泣)その原因も解消したい!)

DSC00097.jpg

↑で、仕切ってあった角材を取り除き花壇になる部分を掘り下げた様子。
DSC00100.jpg DSC00101.jpg DSC00102.jpg

↑花壇は「レンガ」で造ろうと思っています。その前にパーゴラの脚の部分を仮止めして立てて見たところ(画像左)
また、水はけの事も考えて、お隣さんちの土留め部分付近には、壊したコンクリートのかけらを敷いてみました。(だいじょーぶかな??)(画像中)
右の画像は「コンクリート」を流し込んだ所です。〈セメント+砂+砂利〉
DSC00103.jpg DSC00104.jpg DSC00105.jpg

↑「穴を掘る」→「柱を立てる」→「コンクリートを練る」の作業。結構「コンクリート」を練る作業が多かったです。コンクリートを使う場所は、ちょっとの場所に見えても結構、量がいる。
画像右→画像の右側にある「柱」部分に見える「赤い物」これは「下げ振り」といって垂直かどうか見る物です。(この“細かさ”が私にはない、のだ・・。偉いよ、夫)3本全ての柱に同じ作業を施してます。

DSC00114.jpgDSC00111.jpgDSC00113.jpg

↑パーゴラの柱部分はほぼ完成したので、いよいよレンガの花壇作りに突入♪参考にした書物によれば「軽いレンガは水に漬ける」との事です(レンガとセメントの接着をし易くする、またレンガの灰汁抜き(乾いてくるとレンガに白いシミができるのがレンガの“灰汁”らしい)そのため、水に浸して気泡が出なくなるまで沈めます。シュワシュワと楽しい音がでて、この作業が面白かった♪)

DSC00115.jpgDSC00118.jpgDSC00119.jpg

↑画像左→2段目を積んで一旦終了。知らなかったのですが、1段目を積み、2段目に差し掛かり、2段目のレンガを叩きながら水平にしていると1段目のレンガも沈んでしまうのです!!(目地部分が完全に固まっていないため)なので、2段目まで積んで、次の日へ持ち越し。ある程度乾いた後、レンガに付いたセメントを水とたわしで流しました。(忘れると大変!)

DSC00121.jpgDSC00122.jpg
 
↑このようになりました~。。3、4段目を積んだ日は、寒くて大変でした。(5月2日頃)

DSC00130.jpgDSC00134.jpgDSC00132.jpg

↑見えない部分には経費削減、作業の簡素化の為、ブロックを使いました。その上にレンガを積んで、、、完成までもう一息!
DSC00129.jpg

↑これで花壇部分は、完成♪
●●花壇部分●●
●使用レンガ約90個、セメント(25キロ)2袋、川砂(20キロ)5袋半、砂利適量。
●材料費(角材・砂利除く)約¥17,000也
スポンサーサイト

| DIY | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/104-32be09b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。