ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仙台発

今日は「大寒」とニュースで言っておりましたが、寒さに慣れてきたのか(!?)先日ほど、寒くなかったのか、マックの夕方の散歩も軽快に行って来ました。(朝の散歩中では、滑って転びましたが・・。今期、2回目の転倒です・・ブブブ、、見られてもイヤだけど、見られていないというのも結構恥ずかしい・・)

で、今日は年末頃からお店にやってくる営業マンのお話を。

店には色んな営業マンがやって来る、らしい。。(私はあんまり会わないけど)

営:「レジを置きませんか?」
夫:「うちは、あんまり必要ないです・・」

営:「救急箱(薬)を置いてくれませんか?」
夫:「・・・・」(これは、置いてしまっている。。)

訪問ばかりではなく、電話でも営業がある、らしい。(←この手の営業が一番、礼儀知らずでしつこいようです)

営:「○TTですが、プロバイダーはどちらをお使いですかぁ?」
夫:「今、社長は留守です」(ウソ)

等など・・、もっと、面白い「先物取引系」の営業もあったと思うけど、思い出せない。。

で、夫はこんな営業合戦にほとほと嫌気をさしているので、よく、私に愚痴ったりする。。

しかし、11月だったかな?夫がうす~い冊子を持ち帰ってきた。
「“これに載せませんか?”だって」

durango.jpg


“雑誌”というには、・・・、この薄さ、どうなの?
でも、中身を見ると仙台の情報誌には間違いないのだが、今までにないタウン誌だと思いました。お店の紹介があるのは当たり前ですが、紹介の仕方も丁寧で、写真もカッコイイ☆目障りな広告がないのもイイ!で、この情報量(“薄い”って、散々言ってたけど・・)が、簡単に読めるし、私には適当である。

で、夫曰く。
「本屋さんには置かないんだって」
「掲載したお店に置いて販売するらしい」
「で、掲載した人伝いにお店を新規開拓してるんだって」

(フムフム)

「自分が読みたい雑誌がないから、自分で作ろうと思って始めたんだって」

「へーっ!スゴイね!!」
思わず声にだしてしまいましたよ。
どーりで、いつもなら適当に営業マンをあしらう夫が心を揺すられたって、わけね。
夫も自分でヤル派なので、こういったやる気のある人が好きなのです。

私も久々にエネルギーもらった気がしました☆
こんなアクティブな人って、あんまり出会えないけど、やっぱ、いるんだな~。スゴイな~。

「つまんない」

と、思うから“自分でやる”というのは、本当にスゴイ!と思います。
待ってるばかりではなく自分から動きだす、って勇気もいるし、大変だろうけど実りはあるはず!私も見習おうっ!て、本気で思いました。

で、その本は「Durango

男の雑誌、とありましたが、女性でも楽しめますよ♪
仙台にもたっくさんの面白いお店があるんだな~、と思いました。

「Durango」
とは、車の名前らしいのですが、地名でもあるようです。
地理に詳しい夫は、最初「地名」から取ったと思ったって言ってたし・・。

本屋さんには置いていないということなので、マンネリ化した情報誌に飽きている皆さん!どこかで見つけたらお買い求め下さい、って!まだ、ウチは広告してなかったんだった・・!!!¥300です。

スポンサーサイト

| | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/173-a11c97e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。