ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

背中で語る

マックもにゃー君ももちろん言葉をしゃべることはないけれど、大体の気持ちは分かるつもり・・。

マックは、体全体で嬉しさを表現する(まっ、犬だしな)

にゃー君は、結構“目でモノを言う”タイプではなかろうか、、。
えさが欲しい時は、まさに“猫なで声”で
にゃ~、にゃ~」
と、遠慮がちに、でも、しつこく私に訴えてくる。
トイレが汚れてる時、何かして欲しいときなんかは、音もなく近寄ってきて、まっすぐに私を見据えて
「にゃ~ん」
と、一声。決して、ごはんをねだる時のようにしつこく鳴かない。ただ、一度きり
「にゃ~ん」
である。

でも、もっと強力なのは。

789-s.jpg


背中である。

以前にも書いたけど、にゃー君はにゃー君専用の水入れから水を飲まないのです。どこで飲むかと言うと「金魚鉢」で飲んだり、お風呂場、キッチンの流し、冬だと結露(げっ!)、洗面台などである。

そして、これが「洗面台」で水を待つにゃー君の後姿。
だーれもいない、暗がりで洗面台に乗っかり、気が付く人を待っている図である。
もちろん、たいてい気が付くのは私です。

791-s.jpg
立派な背中で「水~、水~、みず~!!」と、無言のメッセージが伝わってくる。近寄っていっても、振り返る事などなく、ひたすら洗面台の一点(どこなんだか)を見つめ続けている。ひょっとしたら念力で、水が出るとでも思ってたりして!?

795-s.jpg
一応、洗面台のボウルから水が流れないように栓をして溜めてやる私。
もちろん感謝の言葉もなく、静かに飲み始めるにゃー君。

親父の背中以上に雄弁な背中を持つ猫である。


スポンサーサイト

| にゃーくんとマック+α | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/221-c1dddbf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。