ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたことマーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと
(2006/10/02)
ジョン グローガン

商品詳細を見る


犬ものの本で、最近、バカらしくて大笑いできる内容にはまっています。
この“マーリー”も書店で見つけていたのですが、最近になってやっと手に入れました!

どうやってもおりこうさんにならないマーリーと飼い主家族のエッセイです。
新婚だった著者夫婦が子供を授かる前に犬を育ててみよう!と思い立って子犬のマーリーを迎える頃から話が始まります。
そして、理想の犬とは違うはちゃめちゃなマーリーに振り回されながらも、笑いながら時には絶望しながらも共に生活していきます。
そして、新しい家族がひとり、ふたり、と増え、マーリーも歳をとっていきます。
最後はマーリーともお別れになってしまいますが、犬を飼った事のある方ならとんでもない行動をするマーリーとその飼い主に自分たちを重ねてしまうと思います。

ちょうど、これを読む前に『これ』を読んだばかりだったので、
(あぁんっ!そうじゃないよー!!)
などと思いながら読み進めました。。

やはり、犬との生活は素晴らしいと思わずにはいられません。犬のいない人生なんて、、大げさに聞こえるかもしれませんが、人間以外の動物の素晴らしさを忘れてはいけません。

マックをなでながらしみじみ思う、今日この頃です。
スポンサーサイト

| | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/382-d9c4560f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。