ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリア旅行 ’06 到着→オプショナルツアー①

ロックワラビーを見て、その後は小さな果物屋さんで
「ピーナッツ」
を買い、夕食のバーベキューに欠かせない
「ビール」
を酒屋さんで買い(私達のツアーのバスの中でビール買ってたの、私だけだったみたい・・)
“カモノハシ”
を見に行くことになりました!!
“カモノハシ”旅行前に夫のお店の元従業員のMちゃんが
「カモノハシって、オーストラリアのお金(コイン)にもなってるんですよー!」
とかなりアピールしてくれたんだけど、、、動物好きな私でも実の所、あんまり興味がそそられなかったのです。。くちばしがカモもしくは、アヒルのような形で、水中に住んでいて、卵を産むけど、哺乳類!そして有袋類!!考えると不思議な生き物。
夫の話だと
「初めてこの“カモノハシ”を見た人は“作り物”だと思ったらしいよ」
そりゃ、へんてこな形だもんねぇ。(ごめん、カモノハシ!)
川へ向かう途中のバスの中で
「とても神経質な動物だから、川面に出ているときは、動いたり、話したりしないでね。逃げちゃうから!」
と、注意をされました。水中には5分くらい潜っているそうですが、その間は、何をしてもOK!だって。。気分は“だるまさん、転んだ!”って感じ。

これが“カモノハシ”です!
kamonohashi1-ss.jpg kamonohashi2-s.jpg
kamonohashi3-s.jpg

↑分かりにくいと思いますが、、こんな画像しか残っていましぇ~ん(泣き)
で、このカモノハシ、思ってた以上に小さい!!体長30センチあるのかなぁ!?そのくらいです!てっきり“ビーバー”くらい大きいのかと思っていたので・・・。(ビーバーのサイズもよく知らないけど・・)

夫婦でこのヘンテコな“カモノハシ”にかなりはまってしまいました☆
振り向けば子供達は、飽きていた様子・・。しょーがないか・・。

さあ!次はバーベキュー、そして夜の森へ!!
スポンサーサイト

| 趣味 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/49-a85c61cd

TRACKBACK

カモノハシについて

カモノハシオーストラリア大陸に棲息するカモノハシ目(単孔類)の哺乳類。:ここで記述する。イネ科キビ亜科カモノハシ属の多年生植物。----カモノハシ(鴨嘴)(学名 ''Ornithorhynchus anatinus'' )は、オーストラリア大陸だけに棲息する哺乳類で、単孔類に分類される。体

| 旅のしおり【オーストラリア】 | 2007/04/02 09:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。