ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飼養管理士1級 スクーリング

日曜日、『愛玩動物飼養管理士』のスクーリング(講習会)を受講してきました。

今年は1級に挑戦しますっ!(鼻息荒く!)

去年に引き続き、今年も会場は“仙台市国際センター”です。
ここの付近は広瀬川も流れており、緑豊かな“杜の都、仙台”ならではの素敵な場所です。

P1020177.jpg

P1020178.jpg

10時15分から16時45分までの受講。

講習会はワタシのようなマニア(!?)には、楽しいお話です。

法令関係は、、ちょっと退屈ではありますが、講師の東海林克彦先生の説明が楽しいので1時間はあっという間です。元環境省動物愛護管理室長も務めていらっしゃったとは思えないようなフレンドリーなお人柄と口調が“法令”という倦厭(けんえん)しがちな講義も楽しくさせてくれます。

そして、ワタシが好きな講義は、獣医師でもあり、問題行動治療コンサルテーション代表でもある牧口香絵先生の講義が好きです。
彼女は多分英語もペラペラであろうと思われる独特の語り口調でテキパキと進めていき、具体的な犬種特有の病気や問題行動を具体例として講義内容に盛り込みつつ、説明されます。

そして、2級の時にはお目にかかれなかった先生、麻布大学獣医学部准教授、宇根有美先生の「動物の疾病とその予防」は、とても興味深く、勉強になった内容でした。
テーマが「疾病」ですから、色々な病気の事を説明されましたが、、、。
あることあること・・・。
こんな病気もあるのか、こんな風になるのか、、などと口をきけない飼い犬や猫には飼い主である、自分がしっかりしなくちゃいけないんだ、と再確認させられました。
病気を治療するのも大切ですが、何よりも「予防」が大切です。
飼い主の元にいる動物は飼い主から与えられる物しか食べる事ができません。
バランスの良い、健全な食べ物を与えるのは飼い主の責任です。
これもまた刺激をたくさん受けた講義でした。
この講義だけ80分でしたが、時間はもっとあってもいいと思いました。

牧口先生にしても宇根先生にしても、サバサバとした語り口が爽快でした。

DSC01134.jpg
で、9月には課題を提出。。。

「講義が面白かった」
などとばかり言ってられません。
しっかり勉強して12月の試験に備えたいと思います。

××××××

金曜日の夜から高熱を出した次男。
当日は熱が下がったものの、留守番するのに付き合ってもらった義理のお母さん(お姑さん)、そのお義母さんの送迎をしてくれた夫。
家族の協力に感謝します。
今回も頑張ります。

スポンサーサイト

| 未分類 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/492-a9e4a4ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。