ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

干支

アワワワ、、、、
恐怖の(!?)12月。
年末。
な~んか、気ぜわしくて、大した事していないのに、気持ちばかり焦っちゃう12月。

インフルエンザで子供たちが学級閉鎖になっても、我が家は珍しく元気です(笑)
犬たちも元気で、糖尿病のにゃー君も、インスリンを打ちながらも元気です(苦笑)

10579-s_20091204224723.jpg
これは5月頃のにゃー君。 そういや、最近、にゃー君を撮ってなかったね。

そうそう、来年はマックとにゃー君が
「年男」
な訳です。

12歳。

98年ににゃー君、マックと順にやって来てから、12年を過ごす事になったのです。

IMG_9510.jpg
秋の山ではお土産を沢山、くっつけて。

奴らは「寅年」だった訳か。。。

そんな事を思っていたら

(ハンナは、12歳まで生きられるだろうか?)

と。

ハンナは大型犬。
大型犬は割りと短命な傾向にあるといわれています。

P1030327.jpg
散歩の後は、まったりなの

一緒に生活をする動物が自分よりも寿命が短い事は分かるけれど、なかなか実感できません。

さすがににゃー君もマックも動きは遅くなってきました。
信じたくはないけれど、確実に老いています。
でも、そんな彼らは、今まで共に生活をしてきた間柄のせいでしょうか、それとものんびりになってきたせいでしょうか、妙に気が合うように感じます。

新人(犬)ハンナとは、ちょっと、違う、何か。


子猫、子犬だったのに、いつしかワタシを追い越してしまったのか。。。

ハンナもあっという間にそうなるんだな。

ハンナを“年女”(あぁ見えて、“丑年”:苦笑)にすべく、愛情を注ぎたいと感じた師走の一日でした。


スポンサーサイト

| 未分類 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/580-1ce64500

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。