ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワンデフルプラザに行ってみた その2

予約を入れた電話で
「散歩中の引きが強い事」
「子供に対して、たまに強気な態度をとる」
などと伝えておきました。


体験する場所は、店内の一角で高さが1mくらいの仕切りで囲まれた狭い場所。
若い男性の訓練士らしき方もいた、きっと電話に出た人だろう。
宿泊しているのか、訓練所の犬なのか、ケージの中にヨーキーちゃんらしい小型犬が1匹こじんまりと入っていた。
ハイ、それに気付いたハンナさん、猛烈に吠え掛かりました、、、(ノ_-;)ハア…

ハンナを担当してくださった訓練士さんは、年配の男性訓練士さんでした。
優しいそうな雰囲気ですが、犬には毅然とした雰囲気。
心拍数が上昇中のワタシとは、対照的。

そして、
「何ができますか?」
と、言われたので
「えっと、、スワレ、マテ、フセ、ツケ。“ツケ”は、自己流です、、、」
と、答えると

「では、皆さんでやってみてください」
と、ワタシ、息子たちに言われました。

まずは、ワタシからいつものようにやってみた。
次に息子たち。


訓練士さんが言いました。
「犬がするまで待たずに“すぐ”にさせましょう」
と。

例えば、ワタシたちは
「スワレ」
と、言った場合。
ハンナに人差し指を立てて見せ、
「スワレ」
と言っていました。
その時々でハンナはすぐに座る時とそうでない時がある。
それを指摘されたのです。

「スワレ」
と言って、すぐに座らなかったらハンナの腰部分を軽く押してすぐに座らせましょう、という事でした。
そうすることで
「言われたらすぐに座らなくてはいけない」
と学ぶと言うのです。
次第に「人差し指」の“視符”が無くても「声」による“声符”に反応するようになる。
そして、出来たらほめる。それによってほめられれば、それはさらに強化されていく事になるのでしょう。
また、「フセ」も同様で指示を出しても反応しない場合、チョークを真下にひっぱりながらすぐに伏せさせる、と。

そのアドバイスを受け、3人でまた挑戦。
完璧ではないけれど、ハンナは応えてくれた。
いつもならリードごと引っ張られてしまう息子たち。
ハンナと足並みが揃えられて、息子ふたりも笑顔をほころばせた。


脚側の「ツイテ」もハンナが勝手に動いたら、ショックを与える。
「ん~、ハンナにはあまり効いてないかもしれないな~(苦笑)」
と、訓練士さん。

始まった時はチョークチェーンで始めました。
そこで、持参した「スパイクチェーン」も付け直してトライ。

「ハンナは結構、(ショックに)強いかもしれない」
とも言ってました。

「ハンナは力が強いから女性の力でショックを与えるなら、リードを少したるませ、ハンナが進みだしたらその反動も利用して“ノー!”とショックを入れましょう」

「乱暴に見えてもお子さんの力なんて、大した事はありません。“すぐ”にさせる事が大切です」

そして、訓練士さんのお手本。
先ほど、吠え掛かった犬がいるケージにハンナを近づける。
すると、ハンナは吠える。

「ノー!」
と同時にショックを入れる、めげないハンナ。
猛烈に吠え続ける。

「それ、なんです!散歩中によその犬に会うとそんな状態になっちゃうんです!!」
と、ハンナの声に負けじとワタシも叫ぶ。
ケージ内の犬も吠えるとますます興奮するハンナ。

背中の毛を逆立て、吠えるハンナのチョークを引きながら
「ノー!」
「ツイテ」
「ノー!」
「ツイテ」
を根気強く繰り返し言い聞かせている訓練士。

ワタシの散歩中とこの状態を比べると訓練士は必要以上に動かなかった。
仁王様のように頑と動かずに、ただ、ハンナを静止させようとしているようだ。

ワタシは、ハンナのマズルを抑えてたり、飛び跳ねるのをやめさせられなかったり(それは、結果的に“自由にさせていた”=“許していた”事になっていたのではないだろうか?)だったと思う。

やっと、大人しくなったハンナに
「グッド」
と言って、ハンナの体を訓練士の左脚に密着させながらほめた。

「ほめる」時、ハンナの右肩をワタシの左脚につけ、そして、ほめるよう言われた。
そのポジションが心地良く思うように。
そして、そのポジションが文字通り「脚側」なのであろう。
さらに
「ほめる時以外、触らないようにしましょう」
とも。
「触れる」=「ほめる(褒美)」
だそうだ。

「ノー!」
と言われているのに
「体を触られている(褒美)」
だと犬が混乱するのだそうだ。



「じゃ、店内を歩きましょう」

(゚ロ゚;)エェッ!?

休日の夕方近くといっても店内は、人も、そして、犬連れの方もわりと多かった。
その中に行くですと!?
ワタシの不安などお構いなしに、訓練士は仕切りのドアを開け、ハンナを連れ出て行ってしまい、慌てて後を追う、不安げな表情の母親と、探検気分の息子二人のおかしなパレードだ。


訓練士はわざと犬連れの方を探していた。
ハンナが吠えた。
場所が変わったせいか、それとも前世で恨みでもあった相手だったのか、さっきよりも興奮して吠えた。
訓練士の
「ノー!」
など、どこ吹く風。
吠え続ける。
抑えられているので後ろ足で立つような格好になっている。
角度で言うならば“斜め45度”、バイクなら“ウィリー状態”で吠え続けているのだ。
そんなハンナを抑えながら、訓練士は
「ノー!」
「ツイテ!」
を繰り返す。

哀れな表情と共に周囲の方々の視線がハンナに注がれる。

「ヒャンッ!」
と、ハンナが何度か鳴いた。
チョークのショックが入っているのだろう。

そして、興奮が収まり
「グッド」
と、ほめられた。

そして、グルグルと店内を歩き、さっきと同じような状態になれば、また、同じ事を繰り返した。
次第にハンナは、犬がいても「ツイテ」いられるようになった。
数頭の犬とすれ違った、その間、わずか5分程度じゃないだろうか。


すると、さっきの若い男性訓練士とヨーキー登場。
今度は、幅が1mあるかないかの細い通路ですれ違わせようというのだ。

ハンナはまた、興奮し、吠えたりしたけれど
「ノー!ツイテ」
に、すぐ反応した。

「前からのすれ違い」、陳列棚の影からの「出会い頭バージョンすれ違い」など色々なパターンを繰り返し、最終的には
「犬と犬」=「ヨーキーとハンナ」
と言うギリギリのすれ違いでもハンナはすれ違えられるようになった!

コレが、『水越先生』が仰っていた
「犬同士仲良くできなくたって、普通にすれ違えればいいじゃない」
だ。

訓練士の姿がいつしか『シーザー・ミラン』に見えてきた(笑)

(ハンナ、“テ・ン・サ・イ”!!)
と薬師丸ひろこ風に感動していたら

「じゃ、今度はお母さん行ってみましょう♪」

エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?



長いので今日はここまで。
つづきはまた『次回』へ。

1866-700.jpg

スポンサーサイト

| ハンナ | 13:47 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ふむふむ

ハンナちゃん、頑張りましたね~。
というか、ジュンコさん達の方が頑張った!?

丁度、今日、獣医師からしつけ教室に通わせなくちゃ
ダメーって言われたところです。
そのDr.は、ドーベルマンという犬種には絶対に訓練が必要
という考えの方で。
大人しいから良いじゃん!って言ったものの、ドーベルマンを甘くみてはいけない、と…。
エルザの場合は、自立訓練?(そんなのあるんでしょうか)
ヒーヒー甘え鳴きをするので、それを止めさせるように、
ですって!

>シーザー・ミラン
好きですー。魔法使いに見えます!
イギリスのヴィクトリア何とかさんのしつけ教室番組も
見たい。
CSのアニマル・プラネットに加入したいなあー。

でもって、最後のお写真の後姿は、どなた???(笑)

| DobeLove | 2010/05/07 19:40 | URI |

Dobelove さんへ

> ハンナちゃん、頑張りましたね~。
ね~!息子たちもハンナの頑張りに感動してましたよ~(笑)

> 丁度、今日、獣医師からしつけ教室に通わせなくちゃ
> ダメーって言われたところです。
何ででしょう???

> ヒーヒー甘え鳴きをするので、それを止めさせるように、
> ですって!
「鼻を鳴らす」ことでしょうか。原因が「甘え」??
ハンナはあまりそういう「要求」をしないようなタイプかも。

> >シーザー・ミラン
> 好きですー。魔法使いに見えます!
ね~、日本にも来てくれたら、会いに行きたいな~(はーと)

> イギリスのヴィクトリア何とかさんのしつけ教室番組も
> 見たい。
知ってる、知ってる~!
「犬の言う事よりも私の言う事を聞きなさい!」の方ですよね☆(笑)

> でもって、最後のお写真の後姿は、どなた???(笑)
「夫」ですよ~ん。

| ジュンコ | 2010/05/07 22:10 | URI |

お~、やってるやってる♪

ハンナちゃん、がんばったね~♪
きゃ~、次はジュンコしゃんの番、どっきどき~。

いやぁ~、躾はほんと飼い主次第よぉ~。日々、実感!!!
うちでやってることも、大筋同じで~す。
しっかし、先生と一緒にやってる我らがワンズは、ほんと天才だよね(といつもワタクシも感心、ホレボレしてます)!
でも、次に自分がやるとなると・・・。理想と現実のギャップが甚だしい~。

あ~、ジュンコしゃんとムスコちゃんたちの奮闘記、楽しみぃ♪

| ジーク母toko | 2010/05/07 22:13 | URI | ≫ EDIT

ジュンコさん がんばって。

「あせらず、あきらめず」が一番大切です。

毎日数分でいいので、1日たりとも欠かさずにがんばってくださいね。

第一段階は根くらべです。
きっと ハンナちゃん いろいろ試してきますよ。
だまされるな、へこたれるな、あきらめるなの精神です(^^)v

| きよごん | 2010/05/07 22:47 | URI | ≫ EDIT

へ~

しつけ教室ってそういうことをするのね。
(それすら知らなかった私 恥?)
参考にさせていただきます!

| デルピまま | 2010/05/08 13:13 | URI |

スゴイ♪

やっぱり訓練士さんってすごいですよね~
何がすごいって、犬に対してあきらめないことと、辛抱強い!
うちもパピーの頃、友達の訓練士に3回くらいレッスンしてもらったことがあります。
私が言っても反応しないのに、久しぶりに会う訓練士さんだと犬がすっごく集中しているのがわかるんです~
で、私って完全に舐められてるなぁーと(汗)

落ち着くまでが大変だとは思いますが、ハンナちゃんもジュンコさんもがんばれー♪

| じゅりあ | 2010/05/08 21:43 | URI | ≫ EDIT

ジーク母さんへ

> ハンナちゃん、がんばったね~♪
叱られている我が子を初めて見た時と同じような心境になりました。

「助けたいけど、堪えなくては、、、」
と言うような、、、(苦笑)

短時間でコントロールする訓練士の方にも脱帽だったけど、それに応えられたハンナにも感心しちゃいましたよ~!
この辺りが「訓練性能が高い」と言われるゆえんか!?

| ジュンコ | 2010/05/09 10:19 | URI |

きよごんさんへ

コメント、応援、ありがとうございます!
励みになります。

「粘り強さ」
ワタシに足りない事の一つですが、これを機会にハンナと成長できたらいいな、と感じる日々です。

ハンナに負けないで頑張りまっす!!!

| ジュンコ | 2010/05/09 10:21 | URI |

デルピママさんへ

多分、個々の飼い主と犬に合わせた内容にしてくれるんだと思います。
事前に
「どうしたいですか?」
と、聞かれたので。
1時間は短いけれど、有意義でした。

少しハンナの他犬に対するガウガウモードをコントロールできるような気持ちになったので、次回はご一緒できるような前向きな気持ちになっています(笑)

| ジュンコ | 2010/05/09 10:25 | URI |

じゅりあさんへ

> やっぱり訓練士さんってすごいですよね~
改めて思いました。
「犬に慣れている」
とは、こういう事なのでしょうね(笑)

> 何がすごいって、犬に対してあきらめないことと、辛抱強い!
そう!まさに!!!
ワタシの行動を反省させられました、、、(苦笑)

なので、コツコツと辛抱強く(←これがワタシに足りないトコロだと思われる・・・)続けたいと思います!

| ジュンコ | 2010/05/09 10:27 | URI |

訓練士の方ってほんとに辛抱強いっていうか根気強いっていうか・・・私もただただ脱帽しています。
初めの頃はぜーんぜん集中しないジュリーをイラつくことなく平気な顔をしてできた時だけタイミング良く褒めているんですね。
私にはできなーい・・・と思っちゃいました。
ついついイラッときちゃうし・・・。

ハンナちゃん、ジュンコさん頑張ってますね。
うちのジュリーも遊んでばかりいないで頑張らなければなー・・・。
続きの更新、楽しみにしてまーす。

| ちぇりこ | 2010/05/09 14:05 | URI |

ちぇりこさんへ

> 訓練士の方ってほんとに辛抱強いっていうか根気強いっていうか・・・私もただただ脱帽しています。
経験した方は、同じセリフですね(笑)
ワタシも間近で見て、ソレにビックリしました。
「叱る」と「怒る」の違いといいますか、、、(苦笑)

> 初めの頃はぜーんぜん集中しないジュリーをイラつくことなく平気な顔をしてできた時だけタイミング良く褒めているんですね。
「タイミング良く」
そう!これが難しいですよね~。
つい、人間にするように接してしまっても、「犬」には効果ないんですものね、、、(トホホ)

いい経験になった1時間でした。

| ジュンコ | 2010/05/09 21:43 | URI |

はじめまして~

はじめまして
デルピままさんのところからジャンプしてきました
うちのエルは今、4ヶ月の男の子で、来週からドッグスクールに行きます。。。なので興味津々です☆
どうぞよろしくお願いしま~す o(*^o^*)o

| エル | 2010/05/10 09:44 | URI | ≫ EDIT

エルさんへ

初めまして。コメント、ありがとうございます。

> うちのエルは今、4ヶ月の男の子で、来週からドッグスクールに行きます。。。なので興味津々です☆
可愛らしい姿に
「ハンナもこんなだった??」
と、遠い昔のように思いました。
ドッグスクール、楽しみですね。
ワタシは、専門家の方の考えや意見、やり方を間近で感じる事ができたので、疲れたけれど、楽しかったです。頑張って下さい。

| ジュンコ | 2010/05/11 10:13 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/664-461c3291

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。