ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地震の日

地震の日のことから記録の為に更新したいと思います。

3月11日(金)
14時50分頃

この日も息子たちのミニバスケットボールの練習日。
たまたま、練習の開始時間を間違えて伝えていた為、店の手伝いを1時間早く切り上げて、息子たちを待ち合わせ場所まで迎えに行った。
車の中で携帯電話をいじりながら、次男がやってくるのを小学校近くの支所(小学校の駐車場は工事で使えない)で待っていた。

車が揺れた。
携帯電話を閉じ、エンジンを切った。
気のせいではなく、車が揺れている。
ドアを開け、外に出た。

「ゴゴゴゴゴ、、、、」
と言う地の底から聞こえる不気味な音と共に足元が揺れ、背後にある3階建ての建物のガラスも波打っているのが見える。
電柱もゆらゆらと揺れている。
とっさに建物から離れようと思ってもなかなか歩く事が出来ないほど、地面が揺れている。

周りの人も悲鳴を上げたり、その場にしゃがみこんだり、手を取り合って、不安そうに立ちすくんでいる。
まともに動けない。

揺れはなかなかおさまらない。

前方に見える銀行からも人々が飛び出してきている。

知り合いのお母さんが幼稚園児の女の子を車に乗せて、ワタシの近くへきた。

彼女の車のラジオから地震の情報が入ってくる。

「震度7」

地震体験車で体験した事がある震度の最高震度ではないか。

おさまったかと思えば、また、揺れはやってくる。

つかまる物がない。
すがっている車もおもちゃみたいに揺れているのだから。

車の中の女の子も半べそになっている。


ある程度揺れが収まってきたので、待ち合わせ場所に子どもたちが来てもいいように、彼女にとどまってもらい、ワタシは歩いて学校へ向かう事にした。
学校にいる子どもたちをつれてくる為に。


小学校までは歩いて5分程度の距離。
学校へ行く途中にある交差点の信号は消えてしまっていて、横断するのも車に気をつけて渡った。

駆けて学校へ行くとクラスメイトのお母さんが着のみ着のままの姿で来ていた。

次々に知った顔のお母さんたちがやって来ている。

いつもなら帰宅する子どもたちの声で賑やかな玄関も薄暗く、静まり返っている。

子どもたちは校舎を挟んだ校庭へ避難した後だった。


ワタシも校庭へ向かった。

深刻な表情の先生方とは裏腹にこの状況を面白がっているような子どもたちもいれば、泣きじゃくっている子どももいる。


長男、次男の姿を見たとき、ほっとした。

いつのまにか、雪が降ってきた。

教室へ戻って上着を先生方が運んできてくれた。
ワタシも子どもたちへ上着を渡すのを手伝った。

点呼を済ませ、子どもたちは次々に保護者に引き取られて帰宅する事になった。
校庭の泥で汚れたうわぐつを履いたまま、息子たちの手を握り、車の場所へ向かった。

さっきの彼女もたまたま近くに来ていたご主人が息子さんを連れて来ていたので、それぞれ帰路についた。


「すごかったね」
「揺れたね~」

と、子どもたちと話しながら、消えてしまった信号機の交差点を抜けて家へ向かった。

この時は、世の中が大変な事になっているとは、夢にも、そう、“夢にも思っていなかった”。
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良かった

心配していました。
横浜の我が家ですら大変な揺れ方でしたから、本当に怖い思いをされたと思います。
皆様ご無事とのことで本当に良かったです。
まだまだ被災地周辺は落ち着くまでに時間がかかりそうですが、私は私でなにか出来ることを細々と続けていこうと思っています。

ジュンコさん、何かお手伝いが必要なことがあれば言ってくださいね。

| じゅりあ | 2011/03/15 15:14 | URI | ≫ EDIT

よかった

とにかく無事で良かった^^

| TOTO'Z FACTORY | 2011/03/15 23:35 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/761-f3ed89bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。