ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電気が戻った夜 ~3月14日未明~

3月14日(月)0時すぎ

「電気、点いたよ!」
という夫の声とまぶしさで目が覚めた。
寝室の灯りを点けて夫がワタシを起こしたのだ。

寝起きで頭がぼぅっとしたまま、リビングに行くと部屋は明るくなっていた。
元気がないように見えたランプたちも嬉しそうに明かりをともしてくれていた。

P1060827.jpg
震災より約二日ぶり

夫は、嬉々としてシャワーを浴びに行っていた。

電気が戻って、テレビをつけて画面に釘付けになる。

信じられない光景が画面に広がっている。

ラジオや新聞では伝わらなかった被災地の映像を見て、ワタシは心底恐ろしくなった。

海水浴で行った事のある海辺の地域や親戚や友人が住む場所が、めちゃくちゃになっている。
視聴者が寄せたという津波の映像は、黒々とした波が堤防を越え家を飲み込み、車を流し、漁船までもを軽々と堤防を越えて押し流している。
録画された映像と周囲の声。

(波が飲み込む家々の住人は避難できているのだろうか?)

電気が復旧し、少々不便だった生活は改善されたけれど、テレビを通して知る事になる震災の被害に気持ちは落ち込むばかりだった。
スポンサーサイト

| 東北地方太平洋沖地震 | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/766-7ad3ec1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。