ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タフな被災者

3月14日(月)夜

「お邪魔します」
と、申し訳なさそうにNさんは室内に入ってきた。

久しぶりに会う彼は、疲れた表情をしてはいたけれどいつものようにひょうきんなNさんのままだった。

食事は済んだというので、コーヒーを淹れて、入浴もしてもらった。
震災以来、お風呂にも入っていなかったNさんは
「気持ちよかった~」
と、言ってくれた。
夫のスウェットをパジャマとして貸した。


Nさんは、仙台新港で仕事中に被災した。
地震で津波が来る事が分かると近くの建物の三階へ逃げ、窓の外では津波でビール工場のタンクが倒されていくのを見たという。
真っ暗なその建物の中で70人ほどの人たちとわずかなせんべいを分け合って、一晩を過ごしたそうだ。

朝になり、R4付近まで歩き、そこから知り合いの方と連絡がつき、市内まで車に乗せてもらい避難場所までたどり着いたという。

避難場所の小学校で過ごしながら、近くのアウトドアショップで衣類を調達し、買ったことのないバックパックも買った。
大型スーパーの開店前に並んで買い物したり、バッテリーがなくなりそうな携帯電話の充電は避難している少年たちに混じって充電させてもらったり、後は携帯電話のショップで専用の充電器を買ったそうだ。
避難していた体育館には沢山の避難している人たちがいたようだ。

Nさんの家族とは、地震後一度、連絡がついたというのでひとまず安心した。
奥さんと一緒に、今年の春に中学生になるお子さんも避難しているらしい。
お父さんも別な場所に避難している事もわかったという。


ワタシはネットでNさんの自宅がある石巻市の情報を検索した。
石巻市へ行く事ができるのか?
避難場所はどこなのか?
津波が襲った後の画像にいくつかヒットした。
それは
「そこが以前街であった」
というのには、程遠いものばかりだった。

そして、地震後に仙台市から石巻市へ行ったという書き込みを見つけた。
石巻市内は、大変な状態らしいけれど行く事はできそうだ。

連絡がまったくつかない家族は、お互いに心配している事だろう。
ワタシが奥さんの立場だったら、避難先でどれほど心細い思いをしているだろうか、、、と、考え出すときりがない。


久しぶりに“夫”と言う知り合いに会ったせいだろうか、Nさんはいつものように色々としゃべっていた。
時折、にゃーくんにちょっかいも出していた。
大変な4日間を過ごしたというのに、ユーモアを交えて話す彼を見ていると悲壮感も薄らぐ。
まったく、タフな人だ。
テレビから流れ始めた福島県の原子力発電所の爆発事故を観ながら、夫と話しを続けていた。

話しは続いていたが、ワタシは先に失礼をして寝る事にした。
ベッドの横には久しぶりにハンナが寝ていた。
Nさんは、猫は好きだけど、犬が苦手なのだ(苦笑)
犬が怖い来客が居るとは知らずにハンナは寝息をたてていた。
スポンサーサイト

| 東北地方太平洋沖地震 | 20:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遠いところでただ祈っているだけの私にとって
ジュンコさんの生のお声や目で見られたことは
心にぐさりと突き刺さります。
テレビで見ていると「被災地」「被災者」という
大きな括りで捉えがちになってしまうのが
こうして生の声をお聞きする事で
皆さんそれぞれにお一人お一人の個人であるという
当たり前のことに気づかされます。

ジュンコさんご自身もたいへんな時でいらっしゃるのに
こうして伝えて下さって本当にありがとうございます。

| あが | 2011/03/27 06:13 | URI | ≫ EDIT

あがさんへ

ワタシの体験している事は、津波をかぶった地域の皆さんの所に比べたらなんともない事です。

家族に、ご近所さんに支えられ、それなりに生活できているのでありがたく思っています。

復興までの道のりは大変険しくなると思います。
出来る事を頑張りたいと思います。

| ジュンコ | 2011/03/27 11:52 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/769-9ebdf551

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。