ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

笑うこと

元スタッフのMちゃん。
ワタシたちよりも小学生の息子らとポケモンの話ができるのだから、若い(当時は若かった!?)彼女。
笑顔が可愛らしい、なつっこいMちゃん。

今は、実家のある岩手県に住んでいる。
今回の地震でも深刻な被害を受けた。
幸いにも彼女の実家も家族も無事だという。
彼女の勤務先が今は避難所になっている。

そんな彼女とのやり取りの中で“炊き出し”の話になった。
「本当に“炊き出し”は、ありがたいですよ~。あったかい“汁物”は、特に」
と、しみじみ。

どうしても避難所の食生活は、菓子パンとかおにぎりとか偏ってくるらしい。
食べれる事はありがたいことだけれど、彼女にしてみると、やはり、出来立ての“汁物”は、格別なようだ。

「この前も“イタリアンシェフ”による炊き出しがあったんですよ~」

ほうほう!それはそれは、魅力的な炊き出しになったのではないか!?

「もう、楽しみにしてたんです~」

ちょっと、想像できないけど、どんな“炊き出し”なの??

「そしたらば、生粋の“トン汁”でした~・・・」

(爆)!!

「“イタリアン”の要素は、何も入ってなかたんですぅ」

もう、おかしすぎて吹き出して笑った。
ならば“イタリアンシェフ”によるという見出しはいらなかったのでは??(笑)

「でも、おいしかったんですけどぉ」

そりゃ、そーだ!

「その後は、元力士だったかの人が“ちゃんこ鍋”の炊き出しもしてくれたんです」

ひゃ~、おいしそうだね~☆

「わたし、休みで食べれませんでした~」

・・・・(笑)



と、思いっきり笑った電話だった。
“笑う”と元気になるのは、なんでだろ。




スポンサーサイト

| 東北地方太平洋沖地震 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/779-14cf1307

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。