ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

It goes mad

気が狂いそうだ。

福島県の原子力発電所の爆発のせい。

「安全な数値」
とやらを鵜呑みできない。

とりあえず気をつけては、いる。

「気にしすぎ」
と思われるかもしれないが、子どもの事を思うと能天気に構えるワタシであっても、そうはいかない。


けれど、けれど・・・。

長いトンネルにでも入ったようで、出口がなかなか見えてこない。


犬たちと山へ行って思い切りのんびりして、走らせてあげたい。
でも、もうちっとの辛抱。

IMG_7048.jpg
素晴らしい季節


こんな1年の中でもっとも素晴らしい季節にこんな仕打ちはないでしょう?
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当にそうですね。元々の基準を遥かに超える数値を示しているのに
「問題がない」と言ってしまう政府。じゃあ、基準値って何のために
あるの?と言いたいです。

福島県の警戒区域内の動物たちは、家畜/ペットともに、
この間にも餓死しています。なのに、救済活動を許可すらしない
政府に、私もモーレツに怒っています。遠いアメリカからできるのは、
署名活動と保護団体さんへの寄付ぐらいですが、一匹/一頭でも
多くの命を助けたいです。

| あや | 2011/05/04 10:47 | URI | ≫ EDIT

あやさんへ

3月11日の地震。
大変な被害、そして、沢山の方々が津波によって命を失われました。
そんな直後の救助活動。
そして、福島の原子力発電所の爆発。

津波で被害を受けた方のコメントで
「地震と津波で大変だけど、“人”を恨まなくていいのが救いだ」
と。

でも、原発の事故は違います。
人為的な物の事故です。
それによって苦しめられる人、動物。

私たちは
「考えなければならない時期」
に来ているのではないのだろうか?と思います。

今、やらなくてはいけないこと。
今、できること。
そして、これから先の未来へ向かってしなくてはならないこと、考える事。

「放射能対策の生活」をしながら、そんな風にも考えています。

| ジュンコ | 2011/05/06 00:15 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/787-7d7e3e84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。