ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“動”の介護

“介護”
少し前のワタシには縁遠い言葉だった。
そして、そのイメージは
「寝たきりの老人に食事を与えたり、排泄のお世話やリハビリのお手伝い」
というくらいしか想像できなかった。
すなわちそれはワタシの中では
“静”
の介護、だ。介護する側があれこれとお世話をするようなイメージでしかなかった。


しかし、今、直面している“介護”は、ワタシの想像していた“介護”とは180度違うものだ。

母は、寝たきりなんかでもないし、トイレだって行ける。
会話だってできるし、天気が良ければ、外に出たり、買い物にも一緒に行く。
しかし、これも“介護”なのだ。
“できること”
は、多いけれど、あまり目を離せない。
外出しても同じ所へ戻ってくるのが難しい(“できない”に近い)、買い物中も欲しいモノ、似たようなモノを持ってくる。
その都度
「(カゴの中を指して)あるよ~」
と言うか
「うちにあるよ」
と言う。

こちらへ来る前までは、冷蔵庫に何個もキムチが入っていたり、牛乳が入っていたらしい(弟談)。

この“動”への介護も、なかなかシンドイ。

スポンサーサイト

| 認知症の母のこと | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/859-2c092f4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。