ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「帰ります」 ~泣いた夜~

11月初旬。
この日は、午前中から用事があって、母をひとりで長時間留守番させていた日だった。
どんよりとした空模様で、気持ちも滅入ってくるような、そんな寒い日だったと思う。

日も暮れかけてきた夕方、母から
「帰ります」
と電話。

本当に驚いたが、動揺を隠し

「今、帰り道だから、もう少しで家に着くよ。待っててね」
と電話を切った。

車を運転していた夫にも事情を説明すると驚いていた。



玄関のドアを開け、ワタシはなるべく落ち着いたように、そして、明るい表情で

「ただいま!お母さん“帰る”って、どこに帰るつもりなのぉ?」
と、少しおどけたように聞いてみた。

すると母は、不思議そうな、不安そうな表情で
「“帰る”って。。。“どこ”に?」
と。

ワタシはてっきり、弟と暮らしていたマンションに“帰る”、と言っていると思ったのだが、母の“帰る”は、そうではなかったのだ。

母は、ここ(母がいる場所)が娘の家だと分からなくなってしまっていたのだった。
知らない家にひとりで置かれているような感じになり“帰らなくちゃ”と、思ったようだ。


一瞬の
母の不安そうな表情は
ワタシの心に刺さった。

時間にすると一瞬だったと思う。
けれど、その表情を見た瞬間は長く感じたし、母が母ではないような感じを受けた。
ワタシはショックだった。

でも、ここで取り乱したりしても何も解決にはならない。
ワタシは動揺しながらも、平然を装うしかなかった。

「お母さん、ここに居ていいんだよ。今日は長くひとりでいたから不安になったんだね」
と言った。
正確には、どんな言葉を返したか覚えていない。

しばし、母は不思議そうな感じをしながら、ワタシや夫、そして子ども達で賑やかになった“家”の雰囲気を徐々に感じたのか、本来の母に戻っていった。

「な~んだ、そっかぁ。“知らない家”にひとりでいるような気持ちになって、帰らなくちゃ(出なくちゃ)いけないと思ったんだよね~」
と笑いながら母は言った。

玄関には、母のスーツケースまでがきちんと置いてあった。
ワタシは慌てて、重いスーツケースを2階に上げた。

(どんな思いで、このスーツケースを降ろしてきたんだろう)
そう考えると涙が出そうだった。


賑やかになったリビングで、“今の出来事”を笑い話にしながら夕ご飯を食べた。



夜、ベッドに入りながら夫と母の事を話した。
「あの時のお義母さんの顔は、なんとも言えなかった。かわいそうだった」
と、夫が言った。

ワタシは、そのひと言で我慢していた何かがプツリと切れ、そして母が来てからの不安と、今日の出来事が一気に押し寄せてきて、泣いた。
母の事でこんなに泣いたのは、多分、初めてだと思う。
心に刺さった母の表情をありありと思い出しながら泣いた。
あんな表情の母は、今までに見たことがないからだ。
不安でいっぱいの母の表情。
ワタシを見つめた母の瞳に、この世界はどのように映し出されているのだろう。
ワタシには理解できないのだ。

「お母さんが、お母さんじゃなくなる。これからどうなっていくの?」
と。


こんな事で泣いてもどうにもならないのは、分かっている。
でも、この日は泣くしかなかった。

ここが母が生まれ育った宮城県で、娘の家だという事を認識できなくなってきているのだ。
“自分の居場所が認識できない”
それがこういう事なのだ。




スポンサーサイト

| 認知症の母のこと | 21:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お心お察しいたします。
県内でケアマネジャーをしているわんこ飼いです。
認知症の症状が良くなるも悪くなるも、
一番大切なのは家族の関わり方だと思います。
個人の尊厳を守り、優しく見守って下さいね。
この辺が参考になるかも?
http://www.alzheimer.or.jp/
がんばってください。。

| 通りすがり | 2011/11/27 23:25 | URI | ≫ EDIT

つらいですよね。
苦しいですよね。

眠れていますか?
食事はとれていますか?

ぷつりと切れたのは、
きっと
苦しさや、悲しさ、
先が見えない不安

そんな空気がいっぱい入った
「心」という名の風船なんだと思います。
ぱんぱんにふくらみすぎると...たいへん!


泣いたり、
書いたり、
話をしたり、

何かの形で風船の空気を抜く
「ガス抜き」や

動物を愛でたり
山の空気にふれたりして

自分の心の癒すこと
自分を大事にすること


それが自然と出来ている
ジュンコさんは
素晴らしいなと、
純粋に尊敬します。


体の疲れは休息で回復できますが
心の疲れって見えないし、
気づきにくいからやっかいですよね。

お母様の幸せはジュンコさんの幸せ
ジュンコさんの幸せはお母様の幸せ

だと思うんです。

ジュンコさんが幸せと思える時間がたくさんありますように。








| la_couleur | 2011/11/28 16:16 | URI |

通りすがりさま

コメントありがとうございます。
ケアマネージャーというご職業柄、色々なケース、ご家族に接していられる事と思います。

> 認知症の症状が良くなるも悪くなるも、
> 一番大切なのは家族の関わり方だと思います。
なので、こちらのお言葉は、勇気をいただけました。

リンク先の「家族の会」、ありがとうございます。
先日、会主催のつどいにも母と参加し、会にも入会いたしました。

長い道のりになると思いますが、母の事を思いながら接していきたいと思います。

| ジュンコ | 2011/11/28 23:01 | URI |

la_couleurさま

この頃は、環境が変わったせいか、母がよく
「ここが、宮城県なのか分からなくなる」
と言っていた時期でした。

ちょっと、混乱していたのでしょうか?
ワタシには、母のその感覚が分からないのです。

ワタシ自身、もがいてる真っ最中でして、、、(苦笑)
何が最善なのか、最善などあるのか?
体は健康で、元気な母を見ているとこの病の残酷さにうちのめされます。

今回の事で色々な方に応援、励ましを受け、本当に救われています。

山でも歩こうか、
といつもの発作が出たら素直に出かけて行こうと思います(笑)
ありがとうございました。

| ジュンコ | 2011/11/28 23:07 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/864-5c72e958

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。