ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頚椎(神経根)ヘルニア 〜診察一回目〜

すでに病院には二組の飼い主がいた。

ここまで来る間、車の乗降もいつもと変わらない。
気になるビッコも出たり出なかったり。。。

ハンナの順番が回ってきて、今朝までの様子を獣医に説明した。
獣医は女性でハンナもあまり緊張しない(と言っても病院は嫌いなので診察台の上では終始震えている、チワワのように)。痛めていると思っている右前足の肉球やらをみたり、前足を伸ばしたり縮めたりした。

「ん〜、捻挫とかかもしれませんので痛み止めの注射を念のため打って、飲み薬も出しますね」
という事になった。

最悪「骨折やヒビなのかな?」なんて思っていたのでワタシも胸をなでおろした。ああ、よかった。少し時間が経てばよくなるね、と。

この日は痛み止めの注射を打った、効果は24時間程度あるというので飲み薬は次の日の夕ご飯から与えようと思った。

「よかったね、帰ろう」
とハンナを車に乗せて帰宅ラッシュに巻き込まれながら家路についた。

帰宅して夫に診察内容を教えながらやっと安心できた。
「しばらく安静だって」

夕ご飯もいつものように平らげたハンナはまた体を丸めて休み始めた。
スポンサーサイト

| ハンナヘルニア | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/954-ca15d3b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。