ワタシのさんぽ

宮城県で夫、二人の息子、’09/9/8 ドーベルマンのハンナが加わりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頚椎(神経根)ヘルニア 〜診断されてからのあれこれ ハーネス〜

頚椎のヘルニアになったハンナには首へ負担がかかる事はNGです。
安静にさせてる今現在も今後も「ハーネス(胴輪)」がメインになっていく。

私も2種類のハーネスを持っているんだけど、ひとつは抜けやすい形で(過去に抜けた事もある)、もうひとつはリングが2つ付いていてリードが2本付けられるタイプ。
IMG_8325_20160320101329d05.jpg
これが背中と胸の部分にDリングがあってリードを2本つなげられるタイプ

そして忙しい中、犬友達がハーネスを届けてくれた、ありがたや。

IMG_8126.jpg
アタシ、これ好きじゃない お友達が貸してくれたラフウェアのモデル(基本的にハンナはハーネスは好きじゃない)

胸の部分、胴の部分(2箇所)でホールドできるので抜ける心配がない。うん、これは見た目も使用感(脱着)もなかなかよろしい。階段や車の乗降などもしっかり補助できそうな作りになっている。

実はラフウェアの犬用バックパックは持っていた。
IMG_8136.jpg
右がバックパックになっているハンナの私物

作りはほとんど一緒なのに荷物を入れる部分が外せないので日常では使えない。

で、もうひとつはこちら。

IMG_8274.jpg
浮力のあるスポンジが入った浮き輪になるタイプのハーネス(スポンジ部分は取り外し可)

これはちょっとマジックテープで留める箇所が多く「外れない」という点では100点満点だけれど、日々の排泄の為のハーネス装着やさんぽで使うには大掛かりすぎる感じ。
でも”寝たきり”になった犬には良さそうな作りだと思う。貸してくれた犬友達も「確か介護にも使えたはず」と言っていた。

それにしてもワタシが犬を飼い始めた頃よりもたくさん種類が増えたし、カッコよくなったなぁ。
今後はハーネスでハンナをうまくコントロールする術を習得していかなくちゃ。
今15分程度のさんぽで今後は少しずつ時間と距離を伸ばしていく予定です。

心配してくれる犬友達に感謝。

スポンサーサイト

| ハンナヘルニア | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://fumi33.blog46.fc2.com/tb.php/963-9a49eca8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。